つゆ艸 日々のできごと

tsuyukusa5.exblog.jp

回想

父が亡くなって半年がすぎました

忙しくしているとあまり思い出すこともないのだけれど

静かに一人でいるときに父と過ごした日々のことを思い出す

宮崎県日之影町の山奥で製材所を営んでいた

冬に帰省すると年末は材木の棚卸しを手伝った

材木が置いてあったのは川沿いの電気も何もない土場

そこへ懐中電灯を照らして材木を数える

だいたい夜の6時から2時間ぐらい。寒かったな〜 

(今日の東京よりもっと寒かった)

宮崎といっても山沿いなので、冬は氷点下に下がる中

父が木材の本数を数え、それを記録するのが私の仕事

日が沈んでからの仕事なのでよだきかった!!
(よだきーは日之影の方言です。やりたくない、という意味)

でも、父と二人で楽しんだ思い出もたくさんある

父は音楽が好きだったので、小学校、中学校の時何回もコンサートに連れていってくれた

父は仕事が終わり、そのままの仕事着のまま(当時は地下足袋を履いていた)

車を運転して1時間半かけて延岡市(一番近い街)まで行く

でないと時間に間に合わない

内田光子のピアノ、ウィーン少年合唱団、グレンミラーなどにも

そのままの格好で行ったこともあります

これも大切な思い出



d0328666_10015714.jpeg
       
d0328666_10021120.jpeg
(カナダにいる妹が私たち兄弟のface bookでのやり取りを一冊の本にしました)

[PR]
by tsuyuzakishoten | 2018-01-25 11:10